橋下徹大阪市長、ちょっとひどない?ひとこと言いたいP企画第2弾は、『橋下さん、金にならない「文化」はアカンのか!?~「一曲」歌いたいin市役所前~』大替え歌大会です!5月1日は中之島女性像前に集合だよ!


by hitokoto212
カレンダー

2012年 02月 08日 ( 4 )

a0259150_10424131.jpg


 当日に向け、約3メートルの横断幕を2枚用意しました。
会場に来ていただいた方々に、みなさんの「ひとこと言いたい!」その思いを、
マジックを使って、この横断幕に寄せ書きしてもらおうと思います!

 14時頃から会場内で行っています。
みんなで完成させる「ひとこと横断幕」
あなたの「ひとこと言いたい!」その思いも、ここに書き記してください!
[PR]
by hitokoto212 | 2012-02-08 10:47 | ひとこと言いたいP情報
【ブログへのコメントとその対応について】

 昨日、「自由人」さんから、ブログに連続でコメントをいただきました。

================================

あなた方・・・、選挙結果を無視するんですか???
くだらないことはやめた方がいいと思いますよ。

今後、10回ぐらいコメントを投稿しますので、無視しないでお返事・反論をください。

すべての投稿をプリントアウトしておき、
反論がなければコピーを大阪市長あてに親展で送ることにします。

=================================

 このブログに投稿して下さったコメントは承認制になっております。
コメントを承認するか、そのコメントに対してお返事を書かせていただくかは、
ひとこと言いたい!プロジェクトのスタッフで判断させていただきます。
全てのコメントに対し、お返事させていただくとは限りませんので、その点はご了承下さい。

 『すべての投稿をプリントアウトしておき、反論がなければコピーを大阪市長あてに親展で送ることにします。』とのことですが、私たちが全てのコメントに回答できるとは限りませんし、コメントの内容に対し、反論の必要性があると感じるとも限りませんので、そうしていただいても結構です。

 また、ブログ内でのコメントのやり取りは、齟齬が生じる可能性が高いものと考えております。顔を見て、直接話し合えば、立場の違いを超えて、それぞれの主張を理解し合えることもあります。よろしければ、当日会場にお越しいただき、直接ご意見をお聞かせ下さい。お待ちしております。
[PR]
by hitokoto212 | 2012-02-08 10:34 | ひとこと言いたいP情報


 2月12日、14時から行われるライブのゲストはジェロニモレーベル!
最新曲、ご紹介いたします!
タイトルは、「ナメられてるにもほどがある」

 ジェロニモレーベル最新曲は、なんと偽ラップ。(←偽ラップって・・・笑)
2月に正式発売のミニアルバムNEGATIVEに収録!
「なめられきった俺たちに、そして、あきらめず動き始めたすべての人たちに捧げる」この一曲。

 2月12日、ライブで聴けるかな?
お楽しみに!
[PR]
by hitokoto212 | 2012-02-08 00:15 | ひとこと言いたいP情報


 2月12日、「橋下さん、ひどない!? ☆橋下さんにひとこと言いたい!プロジェクト☆」に、ジェロニモレーベルがやって来ます!

 私から2月4日にヒデヨヴィッチさんに出演依頼をしたら、
彼から「橋下さん、ひどない!?☆橋下さんにひとこと言いたいプロジェクト☆」の事はすでに知っていて、気になっていたというステキな返事をもらいました。
8日前という直前のブッキングにも関わらず、快く受けて頂いた事をこの場をお借りして感謝します!

 さて、今回は大阪市役所前での怒涛のライブが繰り広げられる事を期待しています。
私がジェロニモレーベルを呼びたかったのは、まずはみんなにライブが見て欲しかったからです。
失礼な物言いかもしれませんが、
ジェロニモの音楽は理屈っぽくて理屈を超えている音楽だと感じてます。
ヒデヨヴィッチさんが旅して見てきた風景や、
闘いの現場が再現された様な歌詞などに、
かき鳴らすようなギタープレイ、
そしてライブの度に代わるドラマーとの即興的な異次元空間。
それは予定調和でない、まさに「ライブ」。

 私はジェロニモのCDを自分の職場での団体交渉の前後によく聞いています。
管理職で労働運動する中で、大げさかもしれませんが、自分が何者かを問われる事があります。
それは部下からであったり、同僚からであったり、
使用者からであったり、または自分自身からであったりします。

 そんな時、励まされているのはヒデヨヴィッチさんが南米を旅して作った「ゲバラの夢・サパタの夢」です。「ゲバラの夢は、当たり前の顔で、当たり前の顔で、そこらを歩いてた」、この曲には最高に適当で陽気な、ファシズムとは違う世界を夢見ている人々が登場します。聞く度に「ほんと理屈はいらないよね、自由を求めるのに」って気持ちにしてくれます。

 私はこのプロジェクトに関わって、「ファシズム」には出来ない事をたくさんしたいと思ってます。
何かの反対のためだけではなく、何かを作り上げていくために共に頑張っていきましょ!

 それではみなさん、そんな「当たり前の顔」で2/12(日)14時からのライブで一緒に踊りましょう!

ひとこと言いたい!プロジェクト スタッフ
白田伸樹(管理職ユニオン・関西)
[PR]
by hitokoto212 | 2012-02-08 00:04 | ひとこと言いたいP情報