橋下徹大阪市長、ちょっとひどない?ひとこと言いたいP企画第2弾は、『橋下さん、金にならない「文化」はアカンのか!?~「一曲」歌いたいin市役所前~』大替え歌大会です!5月1日は中之島女性像前に集合だよ!


by hitokoto212
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2012年 02月 27日 ( 2 )

 先日、MBS・Voiceは、米国の「落ちこぼれゼロ法案」について特集を組みました。
この法案、あらゆる点で、大阪の教育基本条例案と似通っています。

 ぜひ、ご覧下さい。
もしも、教育基本条例案が可決されれば、大阪の明日も、これと同じ状況をたどるかもしれません。
 
特集1:2.16VOICE「米国流教育改革の落とし穴」


特集2:2.17VOICE 「競争の果て...ニューヨーク教育改革の実情」

[PR]
by hitokoto212 | 2012-02-27 17:23 | 橋下政治関連情報
 『労働情報』という冊子に、スタッフが執筆した、『橋下さん、ひどない!?☆橋下さんにひとこと言いたい!プロジェクト』のレポートが掲載されました。以下、その内容を転載します。

【労働情報掲載】
★特集★ 橋下大阪市長と維新の会による攻撃の狙い
ひどい橋下さんに
うちらからも「ひと言」言わせて

大椿裕子(大阪教育合同労働組合)
a0259150_15194815.jpg


 2月12日、中之島公園女性像前広場で「橋下さん、ひどない!?☆橋下さんにひとこと言いたい!プロジェクト☆」が開催された。主に、ブログ、ツィッターを通じた短期間での告知であったにも関わらず、当日は寒空の下、約150名の参加者が集まった。

 この間の橋下大阪市長の言動・政治手法、それを取り巻く人々の反応や、政界・財界・メディアの動きに対 し、「橋下さん、あんたそれ、ひどないかぁ?」と感じたメンバーが、 「橋下さんに、ひとこと言いたいわっ!」という思いで、このプロジェクトを立ち上げた。

 オープニングは、ジェロニモレーベルによるライブで力強く始まった。彼の新曲「ナメられてるにもほどがある」は原発問題を歌った唄だが、歌詞のひとつひとつが、ハシズムが蔓延し始めた大阪で生きる私たちの状況と重なった。

 会場には、大きな横断幕を2枚用意し、集まった人々に「ひとこと言いたい」その思いを寄せ書きしてもらった。「差別と偏見たっぷりのハシズム、競争反対」「大阪を変えるんじゃなくて、橋下、あんたが心を変えろ!」などのメッセージで埋め尽くされた。

 今回のメイン企画は、参加者が「橋下さんにひとこと言いたい!」その思いを、1組×3分の時間制限の中、トーク、音楽、パフォーマンス等でアピールする「誰でもリレートーク」だった。応募者が集まるだろうかという当初の不安をよそに、18組がそれぞれの思いを堂々とアピール。車イスに乗った方、西成で貧困問題を目の当たりにしている方、非正規労働者、災害瓦礫受け入れの反対運動を行っている方など、多様な方々がアピールしてくれた。

 なかでも印象的だったのは、小さな子どもとともにステージにあがり、教育基本条例案に反対の意見を述べた子育て世代の人たちが数組いたことだった。また、4人の大学生がそれぞれに発言し、「若い人が橋下を支持しているなんてメディアが作り上げた虚像。橋下政治に反対するために、今日ここにたくさんの若者が集まっています」と語った。

 非正規労働者からは、「公務員をバッシングしても、私たちの状況は変わらない。一部では、橋下市長の支持層は20代~30代の非正規労働者だと言われているが、ならば、毎日のように政策を打ち上げる彼が、未だかつて非正規問題に関し何一つとして政策を打ち出していない事実を見よう!たたかう敵は公務員じゃない。本物の敵とたたかおう」と力強く訴えた。

 夜勤明けで参加したという最後の発言者は、大阪市職員に出された不当労働行為も甚だしい職員アンケートについて、「アンケートに答えてはいけない。その場で破り捨てて下さい」と訴えた。

 その頃には、「日の丸・君が代」強制反対ホットライン大阪が主催した教育基本条例案反対の集会に参加した人たちも合流し、「誰でもリレートーク」は大きな拍手で包まれた。

 最後は、総勢650人の参加者が手をつなぎ、色とりどりの風船をゆらしながら、大阪市役所を人の輪で包囲した。市庁舎に向け、「橋下さん、原発いらーん!強制いらーん!あんたもいらーん!」と力一杯に叫んだ。

 マスメディアが橋下市長を持ち上げる中、大阪では批判の声を上げにくい閉塞感が生まれている。しかし、彼の支持層だと言われている若い世代にも、彼の政治手法に鋭い批判の眼を持っている人たちは確実にいる。ここ大阪で生きる人々が、声をあげ、思いを伝え、行動できる場所として、今後もこのプロジェクトの存在が求められていることを強く実感した。
[PR]
by hitokoto212 | 2012-02-27 15:27 | ひとこと言いたいP情報